×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産賃貸の審査

支払い能力の審査

賃貸で必要な審査の中に「年収」の項目があります。これは賃貸で住んでもらったときに、きちんと毎月家賃を払ってもらえるかどうかを調べるためのもので、安定した職業についている人ならば優遇されます。その逆で、フリーターや派遣社員。フリーで仕事を請け負っている人やいかがわしい仕事をしている人などは敬遠されてしまいます。
それはただ単に、家賃を払ってもらえないという事だけでなく、いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性もあるからで、ここでも社会的信用が試されてくるわけです。
この時、勤務先、職業年収などを記入することになりますが、もし、ここでウソの記入をした場合、間違いなく審査を通ることは出来なくなるので注意しましょうね。
じゃぁ、フリーターの自分はどうしたら家を借りることが出来るの?と言う人は、しっかりとした連帯保証人を立てて、自分の身の保証をしてもらいましょう。これで借りることが可能になるわけです。ただ。連帯保証人を立てる場合は、借金をして逃げるなどということが無いように、迷惑を掛けないようにしましょうね。

不動産賃貸の審査メニュー

不動産賃貸の審査リンク